​講師紹介

LINE_ALBUM_HP用お写真_211024_2.jpg

​藤田 紀枝

 防災備蓄収納マスタープランナー

インテリアコーディネーター

Comodo(コモド)代表

  

Comodo とは、気楽に、安楽な、心地よいという意味があります。
住まいの相談を気楽にでき、安心で心地よい空間にするようなご提案をいたします。

​住宅関係の仕事にあこがれて、インテリアコーディネーターの資格を取得しました。
初めは、住宅展示場にて住宅メーカーの紹介をするアドバイザーの仕事をしていました。自宅を中古で購入したのが縁で、自宅を快適にリフォームしたいと思い、リフォーム業界で仕事をするようになりました。

お客様の今だけでなく10年後、20年後の住まいを考えて、快適な住空間のご提案とアドバイスを行って15年になります。蛇口交換工事から、間取り変更まで、多岐にわたってご提案の豊富な経験を持っています。

ちょうど10年前、娘が上京した年に東北の震災に出会いました。長時間の停電や、物資の不足を経験し、初めて災害が起きた時の大変さを経験しました。自分が住んでいる地域では、災害には、無縁と過信していたのですが、夜になると小刻みに揺れを感じた娘の部屋で体験したことを思うと、防災グッズを準備しておかないといけないと、感じました。

何を、どのくらい準備したら良いのか?準備するためには、いくらお金がかかるのか?そんなことばかりを考えて、全く準備が進まない状況の中、防災備蓄収納プランナー協会と出会いました。

そこで、防災備蓄収納を学んだことにより、防災備蓄収納の大切さを実感し、暮らしの中に、防災備蓄を気負うことなく取り入れることができるようになりました。
防災備蓄とはなにか?どこから始めたらいいのか?迷っている方々に、無理なく、取り入れていく事をお手伝いできたらと思っています。
また、最近では、協会自体が、SDG s宣言をいたしました。そこに賛同し、自分自身も、5項目の目標を立てて参加しています。少しでも、期限のある備蓄品を、廃棄しないような提案や、実践を伝えています。

住宅自体が、断熱だけでなく、光、音、結露、防虫からの視点で、住宅を安心で、安全な場所でないといけません。どんな事に気を付けていくのか?また、どのように進めていったらよいのかを提案できたらと思ってます。
住宅は、衣食住の項目の1つです。大切なお住まいを、安心、安全な場所にきて、災害が起きても、自助ができるようなお手伝いができたらと思ってます。